論理的スピリチュアルで現実を動かす|トランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

その選択は、逃げか?逃げでないのか?

その選択は、逃げか?逃げでないのか?

 
行動だけを見ると「逃げ」のように見えても、その本質的な意味は「逃げ」ではないことがあります。
逆に行動だけを見ると「逃げ」のように見えなくても、その本質的な意味は「逃げ」であることもあります。

※ちなみに「逃げ」そのものには、良い・悪いはありません。

意味としての「逃げ」とは、私の定義では「今までのうまくいかないパターンを繰り返すこと」です。

そしてもちろん、うまくいかないパターンを繰り返すこと自体にもまた良い・悪いはありません。そのパターンの繰り返しを通じて気づけることもあります。

ただ、その「うまくいかないパターン」をやめたいのであれば、意味としての「逃げ」をやめてみることが必要になってきます。

具体的に「意味としての逃げをやめる」ということは、以下のような”行動”を取ってみることです。

  • 今まで言えなかったことを言う
  • 今までできなかったことをやる
  • 今まで他人基準で決めていたことを、自分基準で決める
  •  
    つまり、今まで逃げることができなかった人が、「逃げる」という行動を選択できた場合は、「意味としての逃げをやめた」とも言えます。

    今まで、逃げる自分を責め続けていた人が、逃げる自分を責めなくなったら、「意味としての逃げをやめた」とも言えます。

    今の自分の選択が、意味としての「逃げなのか?逃げでないのか?」は、本当に心の奥底では、自分自身で気づいているかもしれません。

    そして、自分自身がうまくいかないパターンをやめたいと願うなら、一度思い切って、新しい行動を選択してみるのも良いかもしれません。
    きっとその先に、新しい世界が見えてくるはずです。