願いや目標を持った時、「もしも失敗したらどうする?」という最悪の事態をイメージしてしまうことはありませんか?

一般的に「マイナス思考はよくない」「ポジティブな未来をイメージしないといけない」と言われることも多いので、「最悪の状態を想像するのはよくない」と思っている方も多いかもしれません。

しかし実は、マイナス思考の方がうまくいくこともあるのです。

マイナス思考の方がうまくいく理由

最悪の事態をイメージしていたら、たいていそれは取り越し苦労で、実際には起こらない。
「私は、マイナスに考えていた方がうまくいくんです」という方は、実は少なくありません。

この時、潜在意識では何が起きているのか?というと、ポイントは次の3つです。

  • 最悪の状態をイメージするとき、未来に意識が向いている
  • 同時に、最悪の状態に対する対処法を考えている
  • 対処法を考えておくことで恐れを手放し、可能性を発揮できる

最悪の状態をイメージするとき、未来に意識が向いている

最悪の事態とは言え、それをイメージするとき、人の意識は未来に向いています。

未来に意識を向けることは、それだけで現実を動かしていく力となります。

逆に「 マイナス思考はよくない」と自分の思考を縛っているとき、人は未来に意識を向けることが難しくなります。未来に意識が向けられないと、潜在意識は身動きが取れない状態になり、現実はこう着状態になってしまうのです。

同時に、最悪の状態に対する対処法を考えている

最悪の状態をイメージするとき、「うわぁーこんな事態は避けたい!」と恐れるだけだと、かえってその恐れを現実化させることにもなります。

※「何かを避けたい」と恐れるとき、脳内ではその「避けたい状態」を明確にイメージし、そのイメージしたものが現実化するため

重要なことは、最悪の状態を想定して「それが起きた時にどう対処するか?」を考えておくことです。

対処法を考えておくことで恐れを手放し、可能性を発揮できる

「最悪の状態が起きたとしても、その時はこう対処すればいいんだ」ということがわかっていれば、恐れを手放すことができます。そして、恐れが手放されることで、そもそもその恐れは現実化しにくくなります。

人を本当に強くする自己信頼とは、「絶対に成功する」という想いよりも、「失敗してもどうにかなるし、私は大丈夫」という想いです。

あなたの前に、幅1メートルの一本道があることを想像してみてください。その10メートル先に目的地があるとします。

この時、道の両脇が断崖絶壁だったら、なかなか前に進めませんよね。逆に、道の両脇がただの草むらだったらあっさり目的地に到着できます。

人は「転んでも大丈夫」とわかっていればこそ、全力で走ることができます。「転んでも大丈夫」と知るためには、「転んだらどうなるか?」を想定して、対処法を考えておくこと。

マイナス思考は、自分の可能性を最大に発揮するために逆利用することもできるのです。

  
個人コーチング・セッションのご案内|潜在意識を根こそぎ変容させるコーチングを体験しませんか?