脳科学×心理学×潜在意識活用で現実を動かす|トランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

自分の子どもをナメんなよ?

僕は子どもと関わるのは好きな方ですが、中学生以上ぐらいになるとさらに面白いな〜と思います。

 
これぐらいの年齢になると、その子なりの信念・価値観が育ち始めていて、それに触れるたびに心動かされます。

 
親から子への愛は海より深いと言う。

 
でも、

子から親への愛はもっと大きく、深い。

 
どんなにやんちゃしている子でも、学校行っていない子でも、周囲と比べて幼く見えるような子でも、切ないほどに親の幸せを願っている。

 
それは、言葉とか、行動とかの目に見える範囲ではわかりにくいこともあるかもしれません。

 
でも、無意識レベルではちゃんと伝わっていたりするんですね。

 
セッションではそういった無意識レベルのコミュニケーションに気づいていくワークをやったりもするんですが、思ってもみなかった答えが出てくることもあります。

 
そしてその後、子ども本人に聞いてみるとまあまあその答えは合ってたりする。

 
大切な人を想う気持ちって、ちゃんと伝わってるんですよね。


だから親が辛い時、苦しい時に「まだ子どもだから」とか「親として」なんてカッコつけなくていいと思うんです。

 
もっと子どもを信頼して、本音を伝えて、弱い部分を見せて相談したらいい。

 
そして子どもの意見に耳を傾けて、共に家族を運営するパートナーとして、一緒に考えたらいい。

 
自分の子どもをナメんなよ?

と、セッションをしながらいつも思っています(笑)

 
それは、親が恐れを避けるために子どもを利用するのとは違います。

 
恐れを避けるのではなく、恐れていた自分をいったん受け入れて、生き方を変えるチャンスに変えること。

 
親が子どもに対して犠牲者にならなければ、子どももまた、誰かの犠牲者になる生き方を選ばなくなります。