脳科学×心理学×潜在意識活用で現実を動かす|トランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

興味ないから行きません

12月も後半になり、仕事やプライベートなどで「忙しいな〜」と感じながら動いている方も多いかもしれませんね。

 
僕はというと、特に何かが変わることはなく、いつも通りに過ごしています。

 
行事としての忘年会に参加することもありませんしね。

 
行きたくないイベントにいくことはほぼないので、付き合いの長い人には「飲み会には基本こない人」と思われているようです(なのでたまに参加するとびっくりされます^^;)

 
そのうえ、誘われて断る時も「行きたいけど、用事があって難しいです」という言い方をしないので、余計そう思われるのかもしれません。

 
「行きたいけど、用事があって難しいです」というのが、それが本音ならそう言えばいい。

 
でも、本気で行きたいなら用事はなんとかするし、「難しい」とか「行けない」って、ただシンプルに「興味ない」「行きたくない」なんですよね。

 
だったらその本音を言った方が、自分自身に対しても相手に対しても誠実だと思うのです。

 
そしてなにより、そういった些細にも見える「自分に正直に生きる」ふるまいが、自分のセルフイメージを創っていくものでもあります。

 
(ちなみに成功されている方ほど「難しい」とか「いけない(できない)」という言葉を使う人を信用しない、という傾向があります)

 
だから断る時も、「すみません!興味ないです」と言うのですが、もちろん、そのイベントに行きたくないからと言って、誘ってくれた相手のことを否定しているわけでもありません。

 
そこを無意識に結びつけちゃう思考パターンの人もいるので、その場合はフォローしたりしますけどね(面倒な時はしなかったりもしますが^^;)

 
結論、「あの人そういう人だもんね」と思われちゃったらめっちゃ楽ですよ〜

 
めったにない、飲み会に参加した時の写真。

↓僕はめちゃくちゃお酒に弱いので、開始10分で真っ赤になります。