脳科学×心理学×潜在意識活用で現実を動かす|トランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

脂肪とメンタル

今日のおやつは頂きものの六花亭バターサンド。

バターサンドは好物で、時々コンビニに売ってあるジュラシック?じゃないかジェネリックのお菓子を買ったりもするのだけれど、やっぱり本家はうまい!

 

 
年末にかこつけて美味しいものを食べている訳でもないのですが、最近、お腹にお肉がついてきたような・・

 
といってもまあ、そのうち取れるだろうからあまり気にしてないですが。

 
今の僕しかしらない人からは驚かれるのですが、学生時代は今から10キロぐらい太っていたんですよ。

 
スポーツもしていたので筋肉量も違ったとは思いますが、丸々していました。

 
人が脂肪を蓄えるにもメンタルの要因があって、それは

「太っている」ことを何かの言い訳にすることだったり、
「世の中は危険だ」という世界観があって、そこから脂肪で守る(自分と距離を取る)ためだったり、
メンタルの葛藤が現れる身体の部位を守るためだったりします。

(身体のどこに症状が出るか?ということと、その人が抱えているメンタルの課題はある程度相関していて、メンタルの課題を解消することでその身体症状が消えていくことがあります)

 
当時の僕を振り返ってみると、まあ、色んなものから自分を守りたかったんだなーと思います。