読むだけで意識レベルが上がるトランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

【実現脳を作る】結論から決める

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏には、ある有名なエピソードがあります。

それは創業まもない頃に、パソコンのOSの発注があった時のこと。
そのとき手元にはまだひとつの完成品もなかったにも関わらず、ゲイツ氏は「納品できます」とその場で即答してしまいます。
そして、その日からゲイツ氏は2週間徹夜して製品を完成させ、期限までに納品したそうです。

 

うまくいく人に共通する”実現脳”とは?

チャンスを掴んでうまくいく人と、チャンスを掴めずうまくいきにくい人。

 

この両者を分けるものは、思考・行動パターンの違いです。先ほどのビル・ゲイツ氏のエピソードには、うまくいく人の思考・行動パターンが象徴的に現れています。

 

うまくいく人の思考・行動パターンにはいくつか重要なものがありますが、それらをまとめてここでは”実現脳”と呼びたいと思います。

 

その人が”実現脳”の状態かどうかは、メッセージを数回やり取りしただけでも現れるものです。そして”実現脳”の人と、そうでない人がコミュニケーションを取ると、お互いに「この人とは合わないな・・」という違和感やストレスを感じやすくなります。必然的に”実現脳”の人は”実現脳”の人どうしで付き合うことが多くなり、そうではない人はそうではない人どうしで付き合うことが多くなります。

 

その結果、うまくいく人の周りにはうまくいく人が集まり、またその逆のことも起こるのですね。

 

成果が出る人は結論から決める

”実現脳”の人に象徴的な思考パターンのひとつに「結論を先に決める」ということがあります。”実現脳”の人はビル・ゲイツ氏のように、チャンスが巡ってきた時にその場で「やります」と結論を決めてしまいます。「できるかどうか」は先に考えません。

 

まず先に結論を先に決めてから、そのあとに「どうやったらできるか?」を考える。もしも難しい状況があっても調整したり、工夫したり、交渉したり、チャレンジすることでやり遂げます。時には無謀なチャレンジになったり失敗することもありますが、行動スピードが上がり試行錯誤もどんどん重ねていけるため、チャンスや成果をつかみやすくなります。

 

逆に”実現脳”でない人(うまくいきにくい人)は、まず「できるかどうか」から先に考えます。できるだけその場で結論を出さない、出したがらない傾向があります。

 

もちろん状況によっては「無理をしない」「慎重にいく」ことが大切な場合もありますから、結論をすぐに出さないことが最適解となる場面もあるでしょう。ですが「できるかどうか」から考える癖がつくと行動スピードやモチベーションは下がりやすく、成果には繋がりにくくなってしまうのですね。

 

チャンスを目の前にした時に
「ちょっと考えてみます」
「確認してからお返事します」
「できそうだったらやります」

こういった言葉を口にすることが多い人は、もしかすると逃しているチャンスがあるかも・・・!

 

【実現脳11の法則】を解説します

ここまでご紹介した「先に結論を決める」ことも含めて、”実現脳”には重要な11の法則があります。この「実現脳11の法則」について解説するオンラインセミナーを8/5(水)に開催します。

セミナーはzoomというビデオ会議システムを使って行いますので、インターネット環境があれば全国からご参加いただけます。

↓  ↓  ↓
詳細はこちら
意識レベルを高めて目覚める!実現脳11の法則オンラインセミナー

 

本セミナーは【7/18(土)正午〜】メルマガ・公式ラインにて募集を開始しますので、しばらくお待ちください。

メルマガへのご登録はこちらから

公式ラインのご登録はこちらから