読むだけで意識レベルが上がる心理コンサルタント出口稀一のサイトです

【ご感想】「今の自分でいい」と許可でき、平凡な毎日がたまらなく幸せです

継続セッションにご参加いただいた方からご感想をいただきましたので、紹介します。

出口さんのセッションを受けようと思ったのは、クライアントさんの感想の中に「子どもの不登校が改善された」というものが目に留まったからでした。
現在でも、中学生の娘は不登校中なのですが、出口さんのセッションを受けるうちに、わたしが解決したいことは、子どもの不登校よりも、自分自身のあり方なんだなということに気がつきました。

 
昔から自己肯定感も低く、なんだか苦しかったり辛かったりという気持ちになりやすかったのですが、出口さんに月一回のセッションを受けさせていただくにつれ、どんどん自分のなかが軽くなっていくのに気が付きました。
それは、やはり、出口さんがしっかりと傾聴してくださり、その時その時にふさわしいワークをしてくださったことがとても大きいと思います。また、優しく受け容れるように聞いてくださるだけでなく、ユーモアもあるお話をしてくださったりと、セッションの時間中、本当に和やかに過ごせたことも、大変大きかったと思います。

 
今となっては、そもそも何で悩んでたのか分からなくなってしまうくらい、心が軽やかになり、娘は相変わらず不登校ではありますが、なんだか娘も軽くなれてきているようにも感じます。(今年から、自らフリースクールに通いたいと言い、そこで新しく仲良くなれる友だちとも出会えたようです。)
毎回のセッションで、軽くなっていけてる自分を感じられて、本当に気持ち的に楽になれましたし、今の自分で良いんだ、という許可を自分に出してあげられるようになったことも嬉しいです。

 
自分がなかなか、好きになれない、なんだか辛い、そんな気持ちを抱えている人に、出口さんのセッションはとってもおすすめだと思います。
あっ、そうそう、最近、平凡な毎日がたまらなく幸せなんです🥰
だいぶ、心が軽くなれたんだなーと改めて感じています🥰

 

娘さんもさまざまな思いがあって今、学校に行かない選択をされているのだと思います。そして娘さんの胸中を想像すると、お母さんが心軽やかでいてくれることは、それだけで大きな癒しや力を与えてくれているのだろうと思うのです。娘さんがフリースクールに通うことを決断し、そこで友だちを作る行動を取れたのも、お母さんから受け取った力があったからなのでしょう。

 
学校に行かないこと自体が問題なのではないと思います。同じ時間に同じ場所に行き、みんなと同じことをやることで評価をされた時代はもともと終わりに向かっていましたが、コロナでさらにその終わりは早まりました。物理的に学校に行くことで経験できることもあれば、自宅で過ごすことで経験できることもある。ただ、経験できることが違うだけなんだと思います。

 
今の状況の中で「自分が何を感じて」「どのような自分として過ごしたか」が未来を創る。その意味でも学校に行かないまま軽やかになり、幸せを感じられていることはとても価値あることだと思いますし、現実的にもこれからさらに素敵なことが起こるようになっていくはずです。

 
嬉しいご感想をありがとうございました!