脳科学×心理学×潜在意識活用で現実を動かす|トランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

意識レベルがなぜ重要なのか〜「現状から抜け出したい」と思わなくなると叶う

「17段階の意識レベル」とは、アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズ博士が著書「パワーか、フォースか」の中で提唱している理論です。

 
(ちなみに「パワーか、フォースか」の書籍カバーには、船井幸雄氏による推薦文が書かれています)

 
意識レベルは願望実現や目標達成にも深く影響しています。

 
同じ環境で同じ行動をしていても結果に違いが生まれたり、いわゆる”引き寄せ”がうまくいく人・いかない人に分かれるのも、意識レベルの違いが関係しています。

 
理想の人生を創る上で、意識レベルを理解し、活用することはとても役に立つのです。

 
では、意識レベルとは一体どのようなものなのか?

どうしたら意識レベルを活用して願いを叶えていくことができるのか?

これらの疑問について、詳しく解説していきたいと思います。
 

 

どの意識レベルにいるかによって体験する現実が変わる

人には、その人が住み慣れている意識レベルがあると言われています。

 
その意識レベルを、ホーキンズ博士は17段階に分類しました。それを一覧にまとめたものが下記の「意識レベルのマップ」です。

意識レベルのマップ(「パワーか、フォースか」より引用)


意識レベルは「身体から出るエネルギー量」に関係しています。意識レベルが高いとエネルギーは高くなり、意識レベルが低いとエネルギーも低くなります。

 
そして、この身体から出るエネルギー量が目標達成や願望実現、そして心身の健康などにまで影響を与えます。つまり、どの意識レベルにいるかによって、その人が体験する現実は変わってくるということです。

 
9番目の「勇気」のレベルと、10番目の「プライド」のレベルがひとつの境界となります。ここを境にして「低い意識レベル」と「高い意識レベル」に大きく分けると、次のような傾向が見られます。

 

《低い意識レベルの人に起こりやすいこと》
・現実が思い通りにいかない、願いが叶いにくい
・「がんばってもうまくいかない」世界を体験する
・心身の病気になりやすい
・他人に振り回される
・直感がにぶる

 

《高い意識レベルの人に起こりやすいこと》
・現実がうまくいく、願いがスムーズに叶いやすい
・「がんばらなくても不思議とうまくいく」世界を体験する
・病気になれない健康な身体
・本当の自分の想いを実現できる
・直感が冴える

 

意識レベルがなぜ現実に影響を与えるのか?

なぜ、これほどまでに意識レベルが現実に影響を与えるのか?別の視点から見てみたいと思います。

 
まず、下記の図を見てください。これは、「ニューロ・ロジカル・レベル」というNLPの考え方で、人の意識を階層化したものです。


この三角形で表されている「意識」が現実に対して影響し、現実を創っていきますが、重要なのはこの「形」と階層の「順序」です。

 
まず、一番上の層に「セルフイメージ(自己認識)」が位置しており、その次に「信念・価値観」が続いています。

 
そして、上に行くほど面積は小さく、下に行くほど面積が大きくなっています。

 
これが何を意味するかというと、
「上の層が、下位の層に対してより強く影響する」
「上の層ほど、小さな変化で現実に大きく影響する」
ということ。

 
現実を変えたいと願うとき、僕たちはつい「行動」や「環境」から変えようとしがちですが、より上位の「セルフイメージ」や「信念・価値観」が変わらないと、うまくいきにくいものなのです。

 
そして、意識レベルもまた、「セルフイメージ」や「信念・価値観」に強く影響を与えます。

 
だから、意識レベルを変えることで現実が動いていくのです。
 

意識レベルはどうしたら上げられるのか?

なぜ、意識レベルは「セルフイメージ」や「信念・価値観」に強く影響を与えるのか?

 
ここも大切なので、少し解説しておきます。

 
意識レベルは、ひとことで言うと「ものの見方(解釈の仕方)」に関係します。

 
まったく同じ現象を見ても、見る人の意識レベルによって、見え方・反応の仕方が変わってくるということです。

 
一つ例を挙げると、例えば「会社をクビになる」という出来事があったとしますね。

 
この「会社をクビになる」という同じ出来事に対しても、それを体験する人の意識レベルによって、全く見え方・反応の仕方が変わってきます。

 
一番低い「恥」の意識レベルの人だったら、「会社をクビになるなんて、私はなんて惨めなんだろう」と感じるでしょう。

 
「怒り」の意識レベルの人だったら、「俺のことをクビにしやがって!あの上司のせいだ。あいつを絶対許さない!」と感じるでしょう。

 
「理性」の意識レベルの人だったら、「この会社で求められることと、私のスキルや資質がミスマッチだったということだな」と捉え、「では次の転職活動では、自分のスキルや資質と会社の特性をしっかり研究しよう」と考えるでしょう。

 
「喜び」の意識レベルの人だったら、「これでまた新しい仕事にチャレンジできるし、キャリアを広げていくチャンスだな!」と感じるでしょう。

 
なんとなーく、意識レベルによって物事の見え方・感じ方が違うことがわかるでしょうか?

 

 

「高い意識レベルのものの見方」とは、単なるポジティブ思考ではない

「なーんだ、意識レベル上げるって、ポジティブ思考のことじゃん」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、少し注意が必要です。

 
ポジティブ思考を実践しているのに、現実がうまくいっていない・・・もしもあなたがそう感じているなら、「高い意識レベルの人のものの見方・捉え方」と、あなたが考える「ポジティブ思考」には微妙な、しかし結果に大きく影響する違いがあるかもしれません。

 
ポジティブ思考なのに、現実がうまくいかない人というのは、往々にして「ネガティブ思考は悪いもの」と決めている人が多いようです。

 
「ネガティブ思考は悪いもの」と決めていると、

「ネガティブなことは考えないようにしなくちゃ!あ〜、でもまたネガティブなことばっかり考えてしまう・・私ってやっぱりダメだなあ」

こんな感じで、ネガティブを避けよう、抑えようとしてしまいますよね。

 
でも、そもそも人の意識は「何かを避けよう」とすればするほど、その「避けたいもの」を際限なく創造し続けるようになっています。結果、その避けたい状況はいっこうに変わらず、”負のスパイラル”が生まれてしまうのです。

 
いっぽうで高い意識レベルの人は、「すべての物事には、ポジティブな側面とネガティブな側面が両方あるのだから、その物事自体に良い・悪いはないのだ」という考え方をします。物事をジャッジしない、とも言えますね。

 
つまり、ネガティブ思考にすら、ポジティブな側面に光を当てるということです。ネガティブ思考にも、良い・悪いはなく、「ただ必要なことが起きているだけ」そんな感覚です。

 
「ネガティブ思考なら、それを利用してしまえばいい!」

意識レベルの高い人はそのような見方・捉え方をするのも特徴です。

 
こういった意識レベルが高い人のものの見方、捉え方を理解し、それらの認識の仕方を自分の中に取り入れていく。

 
意識レベルを上げる方法は色々ありますが、これがもっともシンプルな方法です。

 
「日常的な取り組みで意識レベルを上げていきたい!」という方は、下記のワークを試してみてください。

 

◎意識レベルを上げていくワーク

(1)日常生活の中で、「嫌だな」「腹が立つな」「悲しい」といったネガティブ感情が呼び起こされる出来事があったら、このように自分に問いかける。
 
「この出来事を、高い意識レベルから眺めてみると、どのように見えるだろう?」
※高い意識レベルの見方=すべての物事にはポジティブな側面とネガティブな側面が両方存在している。その物事を「良い・悪い」とジャッジしない。
 
(2)高い意識レベルから眺めた時の見え方、解釈の仕方に従って、発言したり振る舞ったりする。
 
※重要なことは、「そのような人になるまで、そのような人としてふるまう」ことです

 

なぜ、「現状から抜け出したい」と思うのをやめると願いが叶うのか?

人が何か願いや目標を持つとき、その奥に「今の現状から抜け出したい」という想いが隠れていることがあります。

 
でも、その願いの持ち方そのものが、うまくいかない原因だと気づいているでしょうか?

 
なぜ、「今の現状から抜け出したい」という想いがあるとうまくいかないのかというと、その想いの前提には「今、よくないことが起きている」「今、私は幸せではない」という認識があるからです。

 
潜在意識は、「今この瞬間の前提を現状維持する方向に現実を創り出す」という習性があります。

 
つまり、「今、よくないことが起きている」「今、私は幸せではない」という前提があると、どんなに努力を重ねても、そこから創られるのは「今、よくないことが起きている」「今、私は幸せではない」が維持される現実・・つまり、うまくいかない現実、ということになってしまうのです。

 
願いを叶えるには、「今、私は幸せでない(→今の現状から抜け出したい)」この前提そのものを変える必要があります。

 
「この願いが叶っても叶わなくても、どっちみち私は幸せだけど、叶ったらもっと良いよね」

 
これぐらいの”願いに対する軽さ”になった時、その願いは叶えるパワーが発揮されます。

 
そして、高い意識レベルでのものの見方、解釈の仕方を採用していくことで、”願いに対して軽くなる”ことができるようになります。

 
今、目の前の現実に対して、「人間関係が苦しい」「孤独だ」「お金がない」「病気がつらい」などの理由から、「今の状況を抜け出したい」と願っている人は少なくないでしょう。

 
でも、徹底的に高い意識レベルのものの見方を採用し続けていくと、その現実に対する見え方が根本的に変わっていきます。

 
「私の人生が、豊かでなかったことなど一度もない」
「人生には、感謝できることしか起きていない」

 
このような感覚が芽生えてくるかもしれません。

 
すると「現状を抜け出すために、何かをしなければならない」と思わなくなります。

 
この感覚をつかんだその先に、過去の自分の想像を超える未来が広がっていきます。

 

 

結局、みんな言っていることの本質は同じ

心理学や脳科学、潜在意識活用、宗教、成功哲学、引き寄せの法則からスピリチュアルなど、「人の内面と、その人が体験する現実のしくみ」を学べば学ぶほど、

「表現方法(言葉)は違えど、結局みんな同じことを言っている」ことに気付かされます。

 
この「結局みんな同じことを言っている」ことをわかりやすく可視化してくれるのが、デヴィッド・R・ホーキンズ博士の「17段階の意識レベルのマップ」です。

 
これらの分野では、科学的に解明されていないことも多いですが、時空間を超えて多くの人が主張してきたことには一定の真理があるのではないかと僕は考えています。そして事実、この意識レベルのマップを活用し、現実を好ましい方向に動かしていく人を数多く目の当たりにしてきました。

 
デヴィッド・R・ホーキンズ博士も、このように述べています。
 

歴史を通して残されてきた世界中の様々な精神修行は、意識のレベルを上昇させるためのテクニックが配慮されている。(「パワーか、フォースか」より)

 

「今すぐ幸せになる」ということ

意識レベルを語る上で、僕が最も伝えたいこと。それは、「今すぐ幸せになる」「今すぐ最高の自分として生きる」ということです。

 
「何かが手に入ったら」「何かが変わったら」「いついつまで我慢したら」と、幸せになることを先延ばしにしないということです。

 
幸せを先延ばしに、条件つきにすることは、「今、幸せでない」という前提を維持し、そこから創られる現実を維持するだけです。

 
今ある現実の中で、その現実を高い意識レベルから眺めて「今すぐ幸せになる」ということ。そして、想像を超える最高の未来を創造し続けていくこと。それは誰にでも可能なことなのです。

 
 

「心と意識の専門家」によるマンツーマンのサポートを受けながら、意識レベルを優しくあなたペースで上げていきませんか?

>>17の意識レベル上昇プログラム