デヴィッド・R. ホーキンズ博士「パワーか、フォースか」で提唱されている17段階の意識レベル研究家_トランスフォーメショナルコーチ®宮川直己(出口稀一)のサイトです

17段階の意識レベルとは?
17段階の意識レベルとは、アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズ博士の著書「パワーか、フォースか」の中で提唱されている理論です。「パワーか、フォースか」はもともと博士号の論文として書かれたもので、この作品により博士号が授与されました。

人にはそれぞれ、住み慣れている意識のレベルがあります。住み慣れている意識レベルが高くなると、人が本来持っているパワーを発揮することができ、目標を達成したり、理想に向かって力強く生きていくことができるようになります。逆に低い意識レベルに留まると、生きづらさを感じたり、仕事やパートナーシップ、その他の人間関係に悩んだり、心身の不調となって現れることもあります。

同じ環境で同じ行動を取っているように見えても、人によってそこから生まれる結果に違いが生まれるのは、「その人がどの意識レベルに住み慣れているか?」が違うからです。

脳科学や心理学等の知見も交えながら意識レベルを理論的、経験的に理解することで、あらゆる成功哲学や能力開発理論をすっきりと整理することができます。これにより、「世界はとてもシンプルである」ということに気づかれるでしょう。
17段階の意識レベルとは?
17段階の意識レベルとは、アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズ博士の著書「パワーか、フォースか」の中で提唱されている理論です。「パワーか、フォースか」はもともと博士号の論文として書かれたもので、この作品により博士号が授与されました。

人にはそれぞれ、住み慣れている意識のレベルがあります。住み慣れている意識レベルが高くなると、人が本来持っているパワーを発揮することができ、目標を達成したり、理想に向かって力強く生きていくことができるようになります。逆に低い意識レベルに留まると、生きづらさを感じたり、仕事やパートナーシップ、その他の人間関係に悩んだり、心身の不調となって現れることもあります。

同じ環境で同じ行動を取っているように見えても、人によってそこから生まれる結果に違いが生まれるのは、「その人がどの意識レベルに住み慣れているか?」が違うからです。

脳科学や心理学等の知見も交えながら意識レベルを理論的、経験的に理解することで、あらゆる成功哲学や能力開発理論をすっきりと整理することができます。これにより、「世界はとてもシンプルである」ということに気づかれるでしょう。