脳科学×心理学×潜在意識活用で現実を動かす|トランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

17の意識のパワーレベルとは?
「17段階の意識レベル」は、アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズ博士の著書「パワーか、フォースか」の中で提唱されている理論です。

人にはそれぞれ、住み慣れている意識のレベルがあります。住み慣れている意識レベルが高くなると、人が本来持っているパワーを発揮することができ、思考や論理を超えた展開で現実が動いていきます。逆に低い意識レベルに留まっていると、願いが思うように実現しづらかったり、心身の不調となって現れることもあります。

同じ環境で同じ行動を取っているように見えても、人によってそこから生まれる結果に違いが生まれるのは、「その人がどの意識レベルに住み慣れているか?」が違うからです。

意識レベルが高まると、幸せになることを条件付きにして先送りにするのではなく、今すぐ満たされた自分になることができます。意識レベルはその人の「世界の経験の仕方」に強く影響するからです。意識が変わり、その後追いで現実が動いていくことは、物理世界は私たちの意識の一部にすぎないことを教えてくれます。

脳科学や心理学的に裏づけされた手法で意識レベルを上げていくことで、多くの方々が変化を体験しています。それらの体験によって、あらゆる成功哲学や願望実現の法則がすっきりと整理され、「世界はとてもシンプルである」ということに気づかれるでしょう。



《お役立ちコラム》
  • 意識レベルがなぜ重要なのか〜「現状から抜け出したい」と思わなくなると叶う
  • 【2019年最新版】セルフイメージを高める言葉と行動とは-前編-|セルフイメージを書き換えるコツとは
  • 【2019年最新版】セルフイメージを高める言葉と行動とは-後編-|セルフイメージを書き換えるコツとは
  • 【潜在意識・体験談】人間関係がうまくいかない時の潜在意識にある根本原因と現実を変える方法
  • 私たちはなぜ”心が傷つく”のか
  • 【自分で現実を変える方法】パターンを変えて現実を動かしていく
  • 【重要】自分原因で考える①|「人のせい」にすると、一時的に気持ちは楽になる。でも現実は動かない
  • 【重要】自分原因で考える②|自分原因の視点は、自分自身が体験するあらゆる現実について適用できる
  • 【重要】自分原因で考える③|自分原因の視点は、自分自身の体験に対して使う

  • 《私のこと》
  • 僕と家族の話
  • 「既婚者との恋愛」に僕が反対しない理由
  • 17の意識のパワーレベルとは?
    「17段階の意識レベル」は、アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズ博士の著書「パワーか、フォースか」の中で提唱されている理論です。

    人にはそれぞれ、住み慣れている意識のレベルがあります。住み慣れている意識レベルが高くなると、人が本来持っているパワーを発揮することができ、思考や論理を超えた展開で現実が動いていきます。逆に低い意識レベルに留まっていると、願いが思うように実現しづらかったり、心身の不調となって現れることもあります。

    同じ環境で同じ行動を取っているように見えても、人によってそこから生まれる結果に違いが生まれるのは、「その人がどの意識レベルに住み慣れているか?」が違うからです。

    意識レベルが高まると、幸せになることを条件付きにして先送りにするのではなく、今すぐ満たされた自分になることができます。意識レベルはその人の「世界の経験の仕方」に強く影響するからです。意識が変わり、その後追いで現実が動いていくことは、物理世界は私たちの意識の一部にすぎないことを教えてくれます。

    脳科学や心理学的に裏づけされた手法で意識レベルを上げていくことで、多くの方々が変化を体験しています。それらの体験によって、あらゆる成功哲学や願望実現の法則がすっきりと整理され、「世界はとてもシンプルである」ということに気づかれるでしょう。

    《お役立ちコラム》
  • 意識レベルがなぜ重要なのか〜「現状から抜け出したい」と思わなくなると叶う
  • 【2019年最新版】セルフイメージを高める言葉と行動とは-前編-|セルフイメージを書き換えるコツとは
  • 【2019年最新版】セルフイメージを高める言葉と行動とは-後編-|セルフイメージを書き換えるコツとは
  • 【潜在意識・体験談】人間関係がうまくいかない時の潜在意識にある根本原因と現実を変える方法
  • 私たちはなぜ”心が傷つく”のか
  • 【自分で現実を変える方法】パターンを変えて現実を動かしていく
  • 【重要】自分原因で考える①|「人のせい」にすると、一時的に気持ちは楽になる。でも現実は動かない
  • 【重要】自分原因で考える②|自分原因の視点は、自分自身が体験するあらゆる現実について適用できる
  • 【重要】自分原因で考える③|自分原因の視点は、自分自身の体験に対して使う

  • 《私のこと》
  • 僕と家族の話
  • 「既婚者との恋愛」に僕が反対しない理由