脳科学×心理学×潜在意識活用で現実を動かす|トランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

受け取ってくれてありがとう

何かをしてもらったり、受け取ったりして「ありがとう」と言う人は多いけれど、

何かをしてあげたり、受け取ってもらって「ありがとう」と言う人ってあまりいないかなーと思います。

  
これ、僕自身も最近気づいたのですが「与える」ことに感謝し始めたら、もう最強なんですよね。

 
誰かに何かをしてもらうのをまたなくても、自分から感謝の循環を創り出していけるからです。

  
そして、何かに新しい意味づけをすることは、無意識レベルで新たなセルフイメージ(自己認識)を育てるという意味もあります。

 
その新たなセルフイメージが現実に投影し、新しい現実を創っていくのです。

「与える」ことにどんな意味をつけていたか?

そもそも、「与える」ことに無意識レベルでどんな意味が付けているか?を考えたことはありますか?

  
その行動や態度にどんな意味を付けているかによって、その結果がポジティブなものになるか、そうでないかが左右されます。

  
自分は与えなければ(何か人に役に立たなければ)愛されない、認められない

与えること=自分のものが減ること、損すること

  
「与える」にこんな意味を付けていたら、与えれば与えるほどしんどくなっていきます。

  
あるいは、与えた後に相手がお礼を言ってくれたり、自分に対する承認や賞賛というフィードバックを返してくれるうちはいいけれど、それが返ってこないと「あの人は恩知らず」という怒りに変わったりするかもしれません。

あなたは、「与える」ことにどんな意味をつけていたのでしょう?
  

「与える」ことで欠乏とは幻想だと気づける

お釈迦様の有名なエピソードで、弟子たちに「お布施(寄付)をいただきに行く時には、貧しい者の家からまわりなさい」と説いていた、と言う話があります。

  
それは、

貧しい人たちを貧しい状態のままにしているのは物質的な欠乏が”本当の原因”ではない

と、お釈迦様が気づいていたからなのでしょう。

  
貧しい現実の”本当の原因”とは、「私には与えるものがない」という信じこみ。

  
そして、物質的な貧しさの中にある人々は「与える」体験をすることによって、その信じ込みが幻想であったことに気づくことができる。

  
お釈迦様の意図していたことは、そういうことだったのだと思います。

  
この世界観の中では、「与える」ことに「自分自身を豊かにしてくれるもの」という意味がついています。
  

シンプルに与える喜びを感じてみる

「与えないと愛されない(認められない」
「与えることは、自分の持ち分が減ること」

などのような”ズレた”意味付けからではなく、シンプルな思いやりから「与える」ことをやっていくと、与えることは喜びであり、感謝できる体験であることがわかります。

  
与えることによって、相手が嬉しくなったり、安心したり、豊かな経験ができたらと想像すると、それだけで嬉しいですよね。

  
シンプルに、その喜びを経験できたことに感謝したらいい。

 
もちろんこれは「こうしなければならない」ということではなくて、ただそうしてみたら、人生はもっと豊かになると僕は思うのです。