脳科学×心理学×潜在意識活用で現実を動かす|トランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

【自分で現実を変える方法】パターンを変えて現実を動かしていく

【自分で現実を変える方法】パターンを変えると前提が変わり、現実が変わる

 
「思考が現実化する」とか「引き寄せの法則」といった言葉が一般的に知られるようになり、「私たちの内面が現実に大きく影響を与えている」ことを、知識として持っている人も増えているようです。

ですが一方で、「それなのに、なんで私の現実は思いどおりにならないんだろう?」と疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今日は、私たちの「意識」がどのように現実を創っているのか?
その「意識と現実のつながり」を理解した上で、手取りばやく現実を変えていくためにはどうすればいいのか?
について解説していきたいと思います。

「心理的な前提」が現実を創る

私たちの内面にあるものが、どう現実を創っていくのか?それを簡単に示すと、以下のような流れになります。

①記憶 → ②前提 → ③思考・行動パターン → ④行動 → ⑤現実

 
この中で、もっとも現実に影響を与えるのが【②前提】です。

前提とは、「自分や世界に対する見方」とも言い換えることができます。

例えば、「私は愛される人」「私はいつもうまくいかない」などといった自己認識(セルフイメージ)や、「世界は愛にあふれている」「世の中、うまくいかないことが多い」などのような「世界はどういう場所だと見ているか?」ということです。

ここで重要なことは、私たちはふだん、現実を見て自分の前提が創られると思いがち(【⑤現実】→【②前提】という因果関係)ですが、実際はそのベクトルは逆(【②前提】→【⑤現実】)だということです。

うまくいかない現実があるから、「私はダメな人」「世の中、うまくいかないことが多い」という前提が創られるのではありません。

「私はダメな人」「世の中、うまくいかないことが多い」という前提を持っているから、うまくいかない現実が創られるのです。

ビジネスや恋愛、子どもに関する悩みなどに直面すると、私たちは「頑張る」「働く時間を増やす」「出会いの場所にいく」「先生に相談する」など、現実を変えようと努力します。

しかし、どんなに表面的な努力をしても、自分の内側にある前提が変わらなければ、その現実を変化させることは難しくなります。

前提は記憶から創られる

①記憶 → ②前提 → ③思考・行動パターン → ④行動 → ⑤現実

 
この流れが示すように、前提(自己認識や世界に対する見方)は、記憶から創られます。特に前提に強く影響するのは、主に幼少期の体験の記憶です(多くの場合、親子関係の記憶)

これらの記憶は潜在意識に保存されていますが、この記憶の保存形式は「五感情報+言葉(解釈)」がセットとなっているのが特徴です。五感情報とは、視覚(映像)や音(声)、体の感覚や、匂い、味などといった感覚の情報です。それらの感覚情報に、言葉による解釈がくっついて、潜在意識に保存され、前提に影響を与えていきます。

ここで重要なことは、それら五感情報についている言葉(解釈)は「絶対的な真実ではなく、たまたまそう信じこんじゃっただけ」ということです。ひとつ例をあげますね。

いつも仕事や人間関係でトラブルに巻き込まれ、子宮系の病気にも悩んでいた女性。その方の前提を探っていくと、「私は存在する価値がない」という自己認識(セルフイメージ)が出てきました。

さらに、その前提がどこから来たのか?を探っていくと、小さい頃の記憶が出てきました。その記憶とは、弟が生まれた時に父親が発した「男の子が生まれて本当に良かった!」と言う言葉の記憶でした。

その時の父親の表情や声(映像や音の五感情報)に、その方は「女である私は生まれても意味がない」という言葉(解釈)をつけていました。それが、「私は存在する価値がない」という前提を創っていたのです。

「私は存在する価値がない」という前提ゆえに、その方は自分の存在価値を証明するため、わざわざ無意識のうちにトラブルを引き寄せては対処することで、周囲から評価や注目を集めることに成功していました。また、自分の女性性への否定する想いが、女性性の象徴である子宮を無意識に痛めつけて、病気を創っていたのでした。

 
ここで重要なことは、「女である私は生まれても意味がなかったんだ」という解釈が真実である証拠はどこにもなく、”たまたまそう信じこんでしまっていただけ”ということです。

父親が「男の子が生まれて本当に良かった!」と言ったのは事実かもしれません。しかし、その真意はもしかしたら「上が女の子だから、男の子もいた方がバランスがいい」と思ったのかもしれないし、親戚からもらったお下がりのベビーグッズが男の子用で、使い道に困っていたとか、そんな可能性もありますよね。

「女である私は生まれても意味がなかったんだ」という解釈も、「私は存在する価値がない」という前提も、絶対不変の確かなものではなく、いくらでも変えることができるのです。

記憶に残っている出来事は、事実としてあったのかもしれません。しかし、その記憶を見ているのは今の自分です。であれば、今の自分が心地よく、都合の良い解釈を採用した方が良いと思いませんか?

行動・思考パターンを意識的に変えると、現実が動き出す

①記憶 → ②前提 → ③思考・行動パターン → ④行動 →⑤現実

 
私たちの前提は、行動や思考のパターンを作っています。
例えば、願望を抱く時に「欲しいものにフォーカスするか、避けたいことにフォーカスするか?」というのもパターンですし、物事を判断するときに「自分の想いを大切にするか?他者の意見や評価を大切にするか?」というのもパターンです。

この行動・思考パターンを、私たちはふだん無意識のうちに自動的・反応的に選択しています。そして、その行動・思考パターンから行動を起こし、現実を創っています。そして、これらの流れは大きく分けると、【①記憶】【②前提】【③思考・行動パターン】までは主に無意識領域にあり、【④行動】【⑤現実】は顕在意識領域にあると言えます。

現実を変えようとする時、私たちは【④行動】から変えようと努力してしまいがちです。しかし、これは意識全体の10%に満たない顕在意識領域でのアプローチであり、あまり効果的ではありません。

現実を変えるためには、90%の無意識領域にある【①記憶】か【②前提】か【③思考・行動パターン】のどれかを変えるとうまくいきやすくなります。

このうち、【①記憶】や【②前提】を変えるにはプロのコーチやカウンセラーの関わりが必要になってくるかもしれませんが、【③思考・行動パターン】は、自分で意識的になることで、自力で現実に変化を作っていくことが可能です。

プロのセッションでは、創りたい変化を実現するのに好ましいパターンを細かく見立てて変化を創っていきますが、ご自身で取り組んでいただく場合は、そこまで意識しなくても大丈夫です。

「今まで本当はやりたかったけど、やっていなかったことを思い切ってやってみる」
「今まで本当は言いたかったけど、言っていなかったことを思い切って言ってみる」
「今まで本当はやりたくなかったけど、やってきたことを思い切ってやめてみる」

「たったこれだけのこと」に思えるかもしれませんが、このパターンの変化はとてもパワフルです。これらを実際に行動に移してみると、今までの前提を覆すような気づきを得ることができるでしょう。その気づきと行動の積み重ねが、あなたの現実を動かしていきます。

 

この記事を書いた人

出口 稀一(でぐち・きいち)
トランスフォーメーショナル・コーチ
心理アドバイザー/児童心理アドバイザー

元行政職員。児童福祉司として児童相談所(虐待・非行担当)での勤務をはじめ、DV対策・人権同和対策等に従事し、延300人を超える市民の相談対応を行う。2013年に独立し、コンサルタントとして活動する傍ら、世界的に活躍する師のもとで人間心理、言語学心理、NLP(神経言語プログラミング)、LABプロファイルを学ぶ。

>>出口稀一のホームページ