デヴィッド・R. ホーキンズ博士「パワーか、フォースか」で提唱されている17段階の意識レベル研究専門_出口稀一のサイトです

仕事も人間関係も【声と見た目が9割】

ちょっと想像してみてほしいのですが、あなたが利害関係なく
「この人といると安心するな」
「この人はなんとなく好きだな」
と思う人を何人か、思い浮かべてみてください。

 

次に、逆に
「この人、いい人なんだけど生理的に苦手だな」
「いい人なんだけど安心できない気がする」
という人をまた何人か、思い浮かべてみてください。

 

そして、その人たちの「声」「話し方」「表情」を脳内で再生してみると、なんとなくその違いが感じられるかもしれません。

 

最近、セッションのアプローチで「声」「話し方」「表情」を扱うことが増えています。「声」「話し方」「表情」はその人のまとう”オーラ”に直結するからです。

 

そのため、この「声」「話し方」「表情」を変えていくことで、

◎異性に興味を持たれない人間だったが、10年ぶりに彼女ができた

◎お客さんに初見から安心して話をしてもらえるようになったことでセールスがスムーズになり、月商が7倍になった

◎プレゼンでの評価が上がり自信がつき、上司や同僚からも一目置かれるようになった

 

などのようにビジネスや恋愛・婚活に現実的な変化が作られていきます。

 

ちなみにこの「声」「話し方」「表情」とは、話すスピード・間・発声・抑揚・姿勢などのあらゆる非言語コミュニケーションを指しています。重要なのは「話の中身そのものではない」ということですね。

 

ではなぜ、「声」「話し方」「表情」が仕事や恋愛・結婚などの現実的な変化をもたらすのかというと、それらの大部分は潜在意識の状態と深く影響しあっているからです。

 

この記事の中に書いている意識の95%の領域で交わされるコミュニケーションということもできます(2つめの画像です)

↓ ↓ ↓

>>なぜ、人間関係で同じパターンを繰り返してしまうのか?

 

僕は今でこそ、わりとプレゼンが得意だったり、話すだけで安心感を感じると言ってもらえることもありますが、これには

●若いうちから人間観察をし続けて、尊敬する人の「声」「話し方」「表情」をモデリングしてきたこと

●潜在意識の状態を整えていること

この2点の影響がすごく大きいと感じています。

 

そこで、

◎なぜ「声」「話し方」「表情」を変えると潜在意識が変わるのか

◎「声」「話し方」「表情」を変えて、現実的な変化を作り出すための3つのポイント

などについてお話しする無料zoomセミナーを開催します。

 

※どちらも同じ内容です。

日程[1]10/28(木)20時〜

日程[2]10/30(土)20時〜

時間は1時間を予定していますが、延長する場合がありますので余裕を持ってご予定いただければと思います。

 

今回はzoomで顔やお名前を出さずにご視聴いただけますので、お気軽にご参加くださいね。

お申込みはこちらから

↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aHSbhAm