怒りはポジティブなエネルギーである

 
一般的に「怒り」の感情はネガティブなものと捉えられがちです。
しかし、その人の置かれている状況によっては、怒りを持つことはむしろポジティブに判断できる場合があります。

アメリカの精神科医・デヴィッド・R・ホーキンズ博士は、人の意識レベルには17の段階があり、そのレベルによって発するエネルギー値が変わるという研究結果を発表しています。その17の意識レベルをまとめたものが以下の表です。

意識のレベル(デヴィッド・R・ホーキンズ博士の研究より)
意識レベル

この意識レベルの最下段、「恥じ」のレベルにある人は自殺をしやすく、「罪悪感」のレベルにある人は病気になりやすくなります。これらに比べて「怒り」は真ん中のやや下あたり、「達成可能なレベル」のエネルギー値レベルに近い位置にあります。

ひどい虐待を受け続けている子どもやDVの被害者などは、「殴られるのは自分が悪いからだ」と自分を責め、罪悪感を抱きます。加害者に対して怒りを持つことができないのです。そして、暴力を受ける状況から抜け出す方法もわからず、人に頼ることもできず、絶望して無気力になります。
(ちなみに暴力を振るっている方の人間は、心理的には「自分が被害者だ」と感じていることが多いです)

回復の過程では、加害者に対して怒りの感情が湧いてくることがあります。これはむしろ喜ばしい状況です。誰かに相談して状況を打開したり、保護所やシェルターに駆け込むことができるようになります。

ちなみに僕も、相談者の方の意識レベルが低い場合は、エネルギー値を上げるためにあえて怒らたりすることもあります。
怒りはポジティブなエネルギーなのです。