脳科学×心理学×潜在意識活用で現実を動かす|トランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

思考パターンが変化する時、未来はすでに変わっている

セッションの合間に近所のスターバックスへ。
チョコレートが食べたくてブッシュドノエルを頼んだら、店員さんがわかりやすくテンション上がって面白かったです(笑)

継続コーチングで関わっているクライアントさんの話。

いわゆるカウンセラージプシー状態を続けてきて、僕のところに来てくれました。
はじめは、変化するためというより、悩み続けるためにセッションを受けられている状態。

それでも一定の変化は出てきましたが、その方の目指す次のステージに行くためには、もう一押し、という感じでした。

僕はけっこう優しいコーチだと思うのですが(自称)、途中からはなかなか厳しい関わり方をしたと思います。自分がクライアントさんの立場だったら、心折れてたかもと思うくらい。

でも、そこから覚悟決めて、生き方を変えていくことを始めたクライアントさん。先日いただいたメールに、その思考パターンの変化が確実に表れていて、ちょっとじーんと来ました。

思考パターンが変わると、現実が変わるのはある意味必然。

その人の思考パターンの変化が見えた時点で、僕にはうまくいった未来が見える時がありますが、その感覚に近い。

そんなクライアントさんの生き様に触れるたびに、僕も背筋がしゃんと伸びる想いでいます。