脳科学×心理学×潜在意識活用で現実を動かす|トランスフォーメショナルコーチ出口稀一のサイトです

手段が手に入るまでやりたいことを先延ばしにしない。今すぐやる。

「お金があったら、◯◯したい」
「健康になったら、◯◯したい」

 
あなたは、こんな言葉の使い方をしていませんか?

 
もし心あたりがあるなら、本当にその”◯◯”を実現させたいなら、まずは言葉の使い方から変えていきましょう。

 
「お金があったら、◯◯したい」
「健康になったら、◯◯したい」

 
これらは、お金や健康などの手段が手に入るまで、やりたいことを先延ばしにする言葉の使い方です。

 
そして、この言葉の使い方をしている時、脳内プログラムは”受け身”の状態で動いています。

 
必然的に、その手段(お金や健康)を得るという目標は達成されづらくなります。

 
じゃあ、この言葉の使い方をどう変えたらいいのか?

答えは、脳内プログラムを”主体的”な思考パターンに変える言葉の使い方をすることです。

 
具体的には、

「◯◯するために、お金をいくら貯めます(稼ぎます)」

「◯◯するために、健康を回復します」

 
この順番に言葉を変えます。

 
冒頭にあげた言葉を使っていると脳が受け身になるのに対して、この言葉の使い方をすると脳が主体的になる感覚を感じるでしょうか?

 
このように、言葉を変えるだけで脳の動き方が変わり、そこから生まれる思考が変わり、行動が変わります。

 
そして、さらにもう1つ付け加えるなら、

その◯◯を、今すぐ始めることです。

 
手段が手に入るまで、やりたいことを先延ばしにしないということです。

 
例えば「もっとお金があったら寄付がしたい」と思っている人。

 
このような想いを持っている人は、「いくら以上じゃないと寄付しても意味がない」と自分でハードルを設定してしまい、今は何もしていない・・・という場合も多い。

 
それを、10円でも1円でもいいから「今すぐ」寄付することを始めてみましょう。

 
つまり、理想100%の形じゃなくても、できる範囲で「今すぐ」具体的に行動に起こすことです。

 
すると、潜在意識に「私は本気でこれをやりたい人なんだな」ということが伝わります。

 
小さくても行動に起こすことで、”◯◯”を実行した時のイメージや感覚がリアルに体験できます。

 
脳がイメージしたものを実現する力はパワフルですから、小さくてもいいので、そのイメージや感覚を脳に学習させるのです。

 
また何よりも、やりたいことは今すぐやるほうが「今」この瞬間の幸福度や充実度も上がりますよね。

 
その「今」感じていることが、現実を創っていくのです。